読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/1 遺伝子検査の結果が返ってきた

先日お伝えした、

ダイエット・美容向けの

遺伝子検査の結果が返ってきました。

 

uwafii.hatenadiary.jp

 

9月30日に郵送し、10月29日に返ってきたので、

約1ヶ月ほど検査にかかった感じです。

 

 

この遺伝子検査キットでは、

 

①肥満になりやすいかどうか

②肌質が悪くなりやすいかどうか

 

を検査してくれます。

 

 

そして、返ってきた結果はこんな感じです。

 

 

f:id:uwafii:20161101195351p:plainf:id:uwafii:20161101195441p:plain

 

肥満について:低リスクタイプ

肌質について:やや注意

 

 

「へぇ~」という感じですね……。

 

 

まぁ、実際お腹が出ているといっても

極度の肥満というわけでもなく、

 

単純な運動不足の結果で、以前は

糖質制限 + 運動で8kgほど落とせたことも

あるので、間違いはなさそうです。

 

 

肌質に関しても、僕は色白で、

日焼けするとそれが何年もうっすら残ったり、

 

しみになりやすかったりするので、

結果通りの体質なんだなぁ、と納得できました。

 

 

(自転車旅をしていた頃につくった目元のしみが

 まだ消えないので、早く億万長者になって

 お医者さんに治してもらいたいですね……)

 

 

そして、ダイエット・美容向けの遺伝子検査といえば

『その人に合ったアドバイス』を期待しますよね。

 

僕も期待していました。

 

「こんな体質のあなたは、

こうすればイケメンになって、

しかも油田が掘り当てられます!!」

 

といった感じのアドバイスが。

 

 

で、アドバイスのページを

開いてみた結果がこちらです!

 

 

 (どんどんスクロールしてください)

f:id:uwafii:20161101200932p:plain

 

 肥満を防ぎ・健康的な体型を維持するためには?
肥満を防ぐためには、エネルギーのとりすぎを防ぎ、運動でエネルギー消費をあげることが重要です。食事制限が重視されがちですが肥満の予防や解消には運動も大切です。肥満の要因ともいえる脂肪を燃焼させるときには、多くの酸素を必要とするので、酸素を多く取り入れられる有酸素運動が有効です。息を切らさず長く続けられるウォーキング、ジョギング、サイクリングなどを行うことが、脂肪の燃焼に効果的です。 食事は、栄養バランスがよく、適正なエネルギー量であることが重要です。エネルギー源になるほか、筋肉を増やすためにも高たんぱく質の食事を心がけると良いでしょう。また、中性脂肪になりやすい糖質を多く含む食品を控えることをお勧めします。

 

小学生じゃねーんだぞこっちは

 

 

いや……そうですね、

基礎的な知識は大事ですよね!

 

詐欺会社の会社説明会でも、

 

「学生のみなさん!

オレオレ詐欺って知ってますか!?」

 

という話から入りますもんね。

 

 

分かります。

 

で、大事なのはここから。

 

僕は

「痩せるためにはどうすればいいか?」

というアドバイスをもらいに来たのです。

 

嫌な予感しかしませんが、

とにかく次のアドバイスを見てみましょう!

 

 

f:id:uwafii:20161101201806p:plain

 

 

あっ、ふーん……。

 

 

そうですよね。

野菜多めの和食は

体にいいですよね。

 

 

以上。

 

えっ?

 

 

アドバイスのページは、

 

・肥満の予防方法

「食べ過ぎNG! 運動しようね♪」

・肥満のリスク

「肥満になるとこんなに恐ろしいことが!」

・食事に関するアドバイ

「レシピ付き♪(すべてのレシピとは言っていない)」

 

で、おしまいでした。

 

 

……

 

 

 

・まとめ

ダイエットには、

健康的な食事、適度な運動が効果的でした!

f:id:uwafii:20161101202520j:plain

 

 

はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

追記:

これはジムの契約特典としてもらった基本的なキットなので、

このようなありきたりな結果となったのかもしれません。

 

もちろん、健康的な食事や適度な運動こそが

ダイエットに最も有効なであり、

僕もその通りに考えています。

 

 

が、ダイエットにおける問題は知識面でなく、

「それが実際に続かないのよ……」という点にあります。

 

なので、それを継続するための、習慣化するための

アドバイスが少しでもついていたら……と思い、

残念だなぁ、もったいないなぁと、感じた次第です。