読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/23 逃げ道は楽しい

勉強をサボってする、部屋の片付けは楽しい。

部活をサボってする、テイルズは楽しい。

読書をサボってする、ネットは楽しい。

 

 

僕はこういう、

『やらなくちゃいけないことをやらず、代わりに楽しいことをする』を

逃げ道、と呼んでいる。

 

正確には今つけた。

 

 

保健体育の教科書には、現実逃避とか、

逃避行動と書いてあったようなことだ。

 

逃げ道へ逃げている時は本当に楽しくて、

生活リズムを崩してしまうことさえある。

 

 

(中学生の頃、学校が楽しくなかったのか

某巨大掲示板に入り浸ることが多く、

深夜2時ごろまで起きてしまうことが多々あった。

 

高校生の頃は深夜アニメにハマり、寝不足となり、

翌朝ふらついてリビングのフローリングへ顔からダイブし、

家族から心配されたこともあった)

 

 

だけれど、いざそれを本業としてみると、

意外と楽しくないことがある。

 

ここでいう『本業』は、環境の変化とかで

逃げ道を突っ走ることができる状態のことをいう。

例えば大学生になった、実家でニートになった、とか。

 

 

逃げ道が本業になっても案外楽しくない理由、

それは考えてみても分からない。

 

「背徳感がない」だとか、

「言いようのない将来の不安」だとか、

そういうものなのかもしれない。

 

でもなんかちがう気がする。

 

 

考えてみても分からないので、

それはそれとして、

逃げ道が楽しくないのは困る。

 

逃げ道が楽しくなかったら、

一体人生の何が楽しいんだろうか。

 

 

なので、

「逃げ道を楽しいままにするには、本業とすることを避け、

逃げ道を逃げ道のままにしておく……ことがいいんじゃないか」

という結論に至った。

 

いや、至りつつある。

 

 

ということで、まぁ、そのためにも

人生いろいろやり続けるのが、

いいんじゃないかと思ってる。

 

 

でも石油王になれたら、

逃げ道を本業にしても楽しいのかも。

 

石油王、楽しそうだし。

 

 

 

P.S.

部活をサボってするテイルズ……は正確ではなく、実際は

『部長が部活をサボると言うので、彼の家でオレンジジュースを

ストローで飲みながら彼がプレイするテイルズを隣で眺める』です。