読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/26 人生は有限で、しかも肉体は衰えていく

みたいなことを聞くと

 

「若いうちにもっと無理してでも稼いでおくべきなんじゃないか?」

 

とか思って(毎日朝まで働くには……体力を……いや睡眠時間を削ると死ぬ……)と考えてしまうけど、仮にお金がたくさんあってそれで満足できるか、と言われればなんかちがう気もする。

 

 

だから「俺はこういう人間で、だからこう生きてる!!」みたいな、アイデンティティーって言うのかな、『これが俺だ!』と言えるようなものを持つといいのかなと思えてきた。

 

偉い人もよく言ってるけど、「お金 = 幸せ じゃなくて、お金は幸せになるためのツールなんだよ」みたいな。

 

 

アイデンティティーを育てて、ちょっとでも幸せを感じつつお金を稼いだほうがよさそう?

 

 

なんでお金が欲しいの? と聞かれると

 

「毎日喫茶店で死ぬほどタバコ吸いながらコーヒーを飲み、好きな本を飽きるほど読んで、帰りに近所の子どもたちへ勉強を教えつつもたまに大学行って好きなことを学んで『お年を召されているのに勉強熱心ですね』『ヘヘ』と先生にほめられたい」

 

という夢を実現させるためには、やっぱりそれなりのお金が必要だから。

(金額で言えば90兆円くらい)

 

 

というわけでお金を稼ぎたいんだけど、じゃあ目標の額に達するまでは仕事だけにすべてを打ち込む虚無の15年間でいいかと言われると、やっぱり嫌。

(すべてを打ち込めるよう、好きなことを仕事にすべきかもしれないけど)

 

 

だからと言って遊びまくっても時間がなくなってお金が稼げないので、できるかぎり時間もお金も仕事に注ぎ込むべき。

 

 

けれどもメンタルが心配なので、じゃあ自分のアイデンティティー(「これが俺だ!」)をなんとかして育てて、心身ともにマジ健康でありながらも仕事に打ち込める環境をつくりたいですね、という話。

 

 

 

 

 

 

(どうつくるかは全く検討つかないので、詳しい方おしえてください)

 

(自分はオタク寄りなので、プリパラの過激な同人小説を書くなりしてプリパラに救われるといいかもしれない?)