読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/13 個人ブログの存在価値

「ブログやめようかな?」と思ったけど、やっぱり続ける話。

 

このブログはタイトルの通り日記で、しかもその一日を送ってきた自分しかわからないような一言ばかりなので、他人が読む価値はない。

毎日5分程度でも時間を食っていることは間違いないので、「じゃあやめるか?」と思ったけれども、開設時にはそれなりの理由があった。

 

それは ①みんながやっていたから と ②長文や告知など、Twitter以外の場が必要だった の2つ。

 

①はまぁどうでもいいんだけど、②は結構重要。

 

PCで困ったことが起きたとき、検索結果にどこかの個人ブログが引っかかることがある。

これが意外と助かる情報で、トラブルシューティングには欠かせないほどの存在になってる。

 

これはインターネットの資産でもあって、僕はインターネットで育ってきたのでできるだけ恩返しもしたい。

まぁボランティアのような気持ちと達成感と、少しの自己満足がある。

 

なのでそのためには、Twitterでは載せきれないような情報を載せる場が必要。

実際、ほんの数記事だけれど問題解決に役立つ記事を書いてきた。

 

そこに毎日書き込む必要はないんだけど、やっぱり習慣になっていないものはいざというとき役に立たない。

ほんの一言でもブログに書き込む習慣があれば、「これは誰かの助けになるだろうな」という情報を得たときも、めんどうくさがらずに書くことができる。

 

まぁ、どんな長文もちゃんと整理しようと思うとめんどうくさいんだけど。

 

というわけで、個人的な理由とインターネットへの恩返しのため、この日記をもうしばらく続けようと思います。