読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/30 スーパーファミコンのカセットの電池交換をした

 

ゲームのカセットの話なんですけど、大体のものがもう製造から10年とか20年経ってるので、セーブデータを保持するためのボタン電池(コイン電池)が死んでます。

 

なので「レトロゲーがやりたい!」といった場合、買ってきてすぐに電池交換をしておかないと、せっかくブッキータワーまで行けたのに

「セーブデータがねぇ」

といったことになりかねません。

 

 

というわけで、電池交換をしましょう。

 

f:id:uwafii:20161230233226p:plain

 

 

(電池交換中にセーブデータが消えるので、プレイ前に交換がおすすめ)

 

 

・電池交換の流れ

①特殊なドライバーでネジを回す(2ヶ所)

②カセット上部にツメがあるので、それに注意しながらカセットを開ける

③基板をひっくり返し、古いボタン電池を外す

④新しい電池を固定し、カセットを閉じ、ネジを回し固定する

 

・必要なもの

①特殊ドライバー

(DTC-20など。Amazonで『ファミコン カセット ドライバー』と検索)

ボタン電池

(CR2032。コンビニでも買えます)

③マイナスドライバー、または薄刃ニッパー

④セロハンテープ

 

ボタン電池は接点金具とともに基板へはんだ付けされているので、『タブ付き電池』を買えば、③と④が不要になります。その代わりはんだごてでのはんだ付け作業が必要です

 

・参考動画

1.安く済ませたい人向け(不安定)

www.youtube.com

 

2.安定性を求め、しっかり交換したい人向け

www.youtube.com

 

 

ちなみに、僕は『ドライバーは規格に合ったもの』を使い、『ボタン電池の取り外し』はマイナスドライバーで無理やり行いました。

ここのブログの写真を見ると分かりやすい

100均で揃えられる道具でスーパーファミコンカセットの電池交換してみる:ふらんそわの制止がでるブロマガ - ブロマガ 

 

 

・まとめ

「思い出の1本がやりたい!」という人は、安いドライバーを加工したりセロハンテープを使って工作を楽しむ

レトロゲー王になりたい人は、はんだ付けでスマートに素早く作業を行い、カセットの電池交換屋さんとして起業し世界を目指す

 

 

 

 ・リンク

これは1,500円もするので、動画のように100円ドライバーを加工したり、Amazonで600円くらいの安いやつを使ってもいいと思います

(僕が買ったのは693円のやつなんですが、もう出品者が代わってたので品質が担保できず紹介できません……)

エンジニア 特殊ネジ用ドライバー DTC-20

エンジニア 特殊ネジ用ドライバー DTC-20

 

 

 タブ付き電池は安くても1個200円とかなので、やっぱりお金かけてもいい人向けですね……