読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/20 どうしようもない話(たられば編)

前職は定時で帰れるいいところ

(ただし上司と話すと死ぬ)だったんだけど、

 

「あー、その頃からお金になるようなことしてればなぁ」

「そうしてれば、x年間の経験が積めたのに」

 

なんて思ってみたりする。

 

 

当時は「早く実力をつけて、行きたいところ行ってやる!」と

熱い思いを持っていたので(まだ在庫あるよ!)、

 

会社帰りに駅前の自習室へ寄って勉強をして、

いくつか資格を取ったりしてたんだけど、

 

なんというか、少額でもすぐお金になること、例えば

 

『余ったつまようじで船を作って売る』

『余ったストローをひたすら切って枕を作って売る』

 

みたいなことをやっておけばよかったなぁ、と。

 

余ったストローで作られた枕で寝たくはないけど……。

 

 

まぁ、知識を吸収するための知識が整ったり、

学生時代の「勉強はつらい!」という偏見から

 

「好きな勉強なら続けられるじゃん?」へ変わったのは

いいことなのかもなぁ……。

 

 

こういうことも

「好きなことだけでも、小さいときから勉強しておけば……」

なんて思い悩んじゃうんだけど、

 

10年後から戻ってきた僕が今の僕をなんとかしたと

考えれば、意外と悪くないのかもしれない。

 

 

10年後の俺が!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

すみません、

テキスト大きくするの好きなんです。

 

"たられば"を言っても仕方ないんですよね。

わかる。

 

ちなみに『タラのレバー』が存在していることに驚き。

地球はまだ捨てたもんじゃない。 

f:id:uwafii:20161020213245j:plain